専門的な業者に現状復帰を依頼すると安心です

借り主負担DIY型で賃貸

作業員

貸主にもメリットがある

空室がなかなか埋まらない物件を、借り主負担型DIY型賃貸物件に切り替えることで空室問題を解決することができます。理由は、DIYを好む人が増加しており賃貸物件でもDIYをできることを条件に賃貸物件を探している人が増加しているからです。借り主の負担でDIYを許してしまうと、基本的に原状復帰義務を負わせることはできなくなります。かつ、入居者がDIY費用を負担するので、家賃収入は通常の賃貸物件よりも減少します。一見すると、貸主には損な契約に見えますが、賃貸物件の修繕義務がなくなりますので賃貸経営は楽になります。また、入居者がDIYするので、賃貸物件の築年数によっては入居する前よりも綺麗な状態になる可能性は高いです。借り主は安く賃貸することができ、かつDIYで自分好みの住まいを原状復帰を心配することなく作ることができ、貸主は空室を埋めることができるので双方にメリットのある契約であり人気です。

賃貸でもDIYを楽しめる

通常の賃貸物件は、借り主がDIYをして部屋を変えてしまうと原状復帰義務が課せられているので、全て入居前の状態に戻す必要があります。しかし、借り主負担DIY型賃貸物件だと原状復帰する義務はなく、自由にDIYをして住空間を自分好みにアレンジすることができます。また、普通のリフォームよりもDIYのほうが安くすむことが多く、自分の好みにより賃貸物件を近づけることもできます。そして、何よりDIYできる賃貸物件は通常の賃貸物件に比べるとかなり家賃が安く設定されています。この点は子育て世代にとってはとても魅力があります。重くのしかかりがちな家賃負担が軽くなることで、生活のクオリティを落とすことなく生活を維持できます。