専門的な業者に現状復帰を依頼すると安心です

オーナーとの事前相談

アパート

方針が明確になる

原状回復工事を実施する前にまずは物件のオーナーや管理会社と原状回復義務についての事前相談を行うという方法が注目されるようになっています。原状回復の原則は借りた時点の状態に物件を戻すということですが、その程度としてどこまでを求められているかに明確な基準はありません。オーナーや管理会社が納得すればそれで原状回復義務は達成されたことになるとも言えるのです。そのため、原状回復工事を行う前に相談をしてどの程度の工事を行えば良いと判断してもらえるかを明確にすることに意味があります。工事の方針が明確になるので不要なことまで行わずに済むようになり、見落としの発見によって再工事を実施するリスクも低下するのです。

書面での確認が重要

事前にオーナーや管理会社に相談して原状回復工事の内容について確認しておくと方針は明らかになります。しかし、そのときに相談した内容は書面にまとめておくことが重要です。その相談を行ったときにはこれで良いと判断した内容であっても、最終的に原状回復工事が終わった後の姿を見て不服を申し立てる可能性は否定できません。そのときに口約束にしてしまっていると白を切られてしまうこともあるでしょう。何が必要で何は不要かということを明確に項目分けを行い、書面にして確認を取っておけばそのようなトラブルを避けることができます。互いの納得の上であるということがわかるように、自分とオーナー、管理会社の捺印を行っておけば安心です。