専門的な業者に現状復帰を依頼すると安心です

費用を負担しない方法

レディ

正しい使い方を心掛ける

賃貸契約のトラブルで多いのが原状回復についてです。原状回復は入居する前の状態に戻すことで、新しい入居者を迎え入れるために必要な行為です。ほとんどの不動産で行われており、必ず行うといっても過言ではありません。退去するときに原状回復の費用を請求されてしまうことがあります。その多くは、借りている物件の度が過ぎた損傷です。壁に穴を開けたり、床に傷をつけてしまった場合などに費用が発生してしまいます。原状回復の費用を発生させないためには、借りている物件を損傷させない様に大事に扱うということです。損傷さえしなければ原状回復の費用が発生せず、トラブルになることもありません。トラブルにならなければ気持ちよく退去することができます。

敷金の取り扱い

原状回復の費用が発生したときに、払わなくてもいい場合があります。原状回復の費用が必要だと知ると、必ずお金を払わないといけないという不安感を持ってしまうものです。場合によってはまったく払う必要がないどころか契約時のお金が戻ってくることもあります。原状回復の費用で大切なのが敷金の存在です。敷金は賃貸契約をするときに払うお金で、退去するときにとても役立つ費用です。原状回復の費用が発生しても、敷金から引いてもらうことができます。つまり、損傷具合によっては退去する人がまったくお金を払う必要がなくなるということです。費用が発生しない場合には、手元に敷金が戻ってくることもあり、大変役立つ費用だといえます。敷金の特徴を知っておけば、退去時にトラブルになる可能性が低くなります。